忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オルゴールのメカだけのものと、
小さいケースに入っているものとを、
耳のそばで、素早く、遠ざけたり、近づけたりしてみる。

音量の変化は気にしないで、音の高さの変化に注目する。

メカだけオルゴール

メカだけの裸のオルゴールの方は、音は小さいが、
メロディ・ラインも、伴奏音も、音の高さは変わらなく聞こえる。

小さいケース入り

PR

只今思案中は、振動源をどうするか。

耳の不自由なご近所の方や親戚に配るため、

・振動源を安くする
・振動源を従来のスピーカーのドライバー部分などを流用できないか、

ということで、

従来のスピーカーのコーン紙を取り除き、
眺めている.....
波動砲を受けて破れました

ちょうど、今朝、知り合いの耳の不自由な人に、
自作、物質波スピーカー、壱号機バルサを聞いてもらいました。
いたく、感心していました。

まず最初に、オルゴールの実験を体験して頂き、ある程度の説明。
(物質波のこと、こおろぎや、雷の話など。
ドップラー効果の無いこと、多分イコール、速度が音速より速いこと、などなど)

それから、従来のスピーカーである、コーン紙粗密波スピーカーを聞き、
物質波スピーカーを聞いた。

バルサの壱号機で、深く曲げると良い結果であったので、
「零号機」の発泡スチロール板も、深く、思い切って曲げることにした。

実験的に、鳴らしながら手で曲げてみると、なるほど、音が変わる。
中域が出てくるのが分かる。音量も上がる。
これは、曲げないわけには、いくまい、と、

一端を壁に押し付け、手前の端を腹に当て、
腹筋に力をみなぎらせつつ、曲げて行く。
ころあいを見て、紐を結べば、完成である。

うん、うん、結構、限界近くが良い音なのか、
私の好みの状況である、限界間近...。
何事も限界近くの音は、面白い、エキサイティングだ、
とかなんとか言っている... あいだに .....

その後の、波動スピーカー、壱号機、
その名も「バルサ」は、
その曲げ板の曲げを大きくすると、
中域が出てくることが分かった。音量も大きくなる。
ああ、これは、今まで甘やかしていた。すまぬことをした。

ぐっと魅力的なバルサ壱号機
右チャンネルだけ、ぐっとチャーミングに曲げてみた。

その後の、波動を発する、物質波スピーカー。
バルサ材にもやっぱりあった、エージングも進み、
嫌な癖もかなり緩和されてきた。

そして、今回は、振動源に、フォステクスの「eA」エア、GY-1を使ってみる。
エアは、新開発の超磁歪素子が味噌で、
これは外部の磁界によって寸法が変わる素子です。
変化は僅かですが、応力が大きい、ということで生まれた?スピーカーです。

置くとテーブルが鳴り出す――魔法? のスピーカー、誕生の秘密 (1/2)

ちょっと疑問、どうして2個使って、ステレオにしなかったのでしょう。
ステレオ信号を入れても、モノラルのように1台が鳴るだけ。

ひょっとして、素子の使い道を探っているのかも知れませんね。

これが、その姿。
アロマテラピー では、ありません

で、大きさは、写真などで見て想像していたより小さい。
本体が、99Φ、高さ90mm。 でも、重さは、1.7Kg!
見た目より重い! かばんに入れても重い。
ボールペンと

完成! 壱号機澄んだ音がするかと、テンションの高い方、
縦の長手方向にバルサ材2*300*450を曲げて、
壱号機が完成した。

横に曲げると、素材的に、
年輪のように透けて見えそうな、弱い部分があり、
そこでだけ、曲がると言うより折れてしまいそうなのと、
澄んだ音がするかとテンションの高くなる、縦に曲げることにした。

300の辺を、補強の為に
10*15*300の角材で挟んで接着し、曲げた。
またまた、梱包用ビニール紐で縛る作戦を使った。
好みに曲げ具合に出来るのと、外して持ち運びも楽である。

・カレンダー・
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


黒猫ちゃんをクリックすると・・・
・最新コメント・
(09/18)
flash(返信済)
(09/14)
待ち受け(返信済)
(09/12)
BLUE SKY(返信済)
(06/26)
(06/14)
・リンクの大冒険・


このAmazonのリンクは何度かリロードすると、この頁に関係する商品となります。(なるはず?)
・プロフィール・
HandleName:ひろ
HomePage:Hiro's HomePage
・ブログ内検索・
忍者ブログ×[PR]