忍者ブログ
[104] [103] [106] [105] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょうど、今朝、知り合いの耳の不自由な人に、
自作、物質波スピーカー、壱号機バルサを聞いてもらいました。
いたく、感心していました。

まず最初に、オルゴールの実験を体験して頂き、ある程度の説明。
(物質波のこと、こおろぎや、雷の話など。
ドップラー効果の無いこと、多分イコール、速度が音速より速いこと、などなど)

それから、従来のスピーカーである、コーン紙粗密波スピーカーを聞き、
物質波スピーカーを聞いた。


コーン紙粗密波スピーカーとして、ワット数の小さい、
PCなどで使う、クリエイティブのCreative Inspire 2.0 1300を使った。
 

以下、彼の感想です。

・コーン紙のスピーカーだと、
 耳をこすりつけるように近づかないと聞こえないが、
 物質波スピーカーは、少し離れても聞こえる。(50cm程)

・うるさくない。多分、エネルギーが違うのだと思う。
 物質波スピーカーは、小さいエネルギーで、
 粗密波スピーカーの大きなエネルギーと同じ音量と認識できるのだと思う。

各々のアンプのワット数を告げると、なるほど、と納得。
200mW対5W、確かにエネルギーが違う!

・耳の不自由な方にも、聞こえない原因が2つに層別できるとのこと。
 耳の神経が悪い人と、
 神経はよくて、鼓膜が無い、穴が開いてる、耳骨関係によくないところがある
 等々の人の方々。
 後者の方々には、特に良いのではないか。

とのことです。
やはり、聞きかじった、読みかじったことと符合する部分があります。

物質波(波動)スピーカーの音は、
鼓膜の無い方や耳の不自由な方にも聞こえる、という話。

慶應の先生がJRなどと協力して、駅構内用のスピーカーを、
物質波スピーカーで、開発されているようだが、
もう少し、音の経験のある会社と一緒に作れば、よいのにな、
と勝手ながら、思ってしまう。

PR
■ この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
・カレンダー・
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


黒猫ちゃんをクリックすると・・・
・最新コメント・
(09/18)
flash(返信済)
(09/14)
待ち受け(返信済)
(09/12)
BLUE SKY(返信済)
(06/26)
(06/14)
・リンクの大冒険・


このAmazonのリンクは何度かリロードすると、この頁に関係する商品となります。(なるはず?)
・プロフィール・
HandleName:ひろ
HomePage:Hiro's HomePage
・ブログ内検索・
忍者ブログ×[PR]