忍者ブログ
[92] [91] [89] [88] [90] [87] [86] [85] [84] [83] [82]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初号機として、細長いバルサ材で作ったものが、cc351731.jpg
低域の無いことが気になり、幅のあるもので、と、
材料の買出しに。

アクリル板を使おうと、サイズ、厚みを見ると、
ちょうど良いものがなかった。厚さ1mmのは、
A1ほどの大きなもので、値が張ったので、
見送っちゃいました。

で、サイズ、値段を中心に、
少しだけ気になっていた、発泡スチロールにした。

サイズは、A3、厚さ4mmのを3枚と接着剤を購入。
板の一端に3枚張り合わせ、振動版を固定する部分を作る。


cc351731.jpg


























発泡スチロールが少し気になっていたというのは、
四方に広がった大きな面を取れる板は手に入るし、
工作はし易そうなのですが、
音は、きっと私の嫌いな音がするだろう、と
変形の発泡スチロールを使ったスピーカーのことを
思い出していたからです。

◆1.低域は?
予想通り、四方に広がった大きな面があるため、
低域への分布は自然に繋がっているようである。

しかし、所謂、低域というほどの低音は前に出てこない。
広い面から出る低音と言っても、その音量は極小さい。

◆2.帯域は、狭い
大体、300Hzから、8KHzまで、が出ている。
下には、100Hzぐらいまで伸びているが、
減衰して殆ど聞こえてこない。
上は、11KHzぐらいから、もう出ていない。

◆3.能率が悪い。
バルサ材の初号機と比べて、大変に能率が悪い。

◆4.歪
歪んでいるような音。それも小音量から歪んでいる。
発泡スチロール板の中で、初号機(手前)と、零号機(奥)
ワサワサ騒がしい音がしている感じ。
なんせ発泡、空洞だらけなら、
エコールームの塊のようなものか。

バルサの初号機と比べると、
明らかに、眠たい音で、濁っている。

初号機だけの音は、3ウェイスピーカーの
ミッドレンジだけを聞いているようだ。
零号機がこれだと、初号機を箱に乗せて、
低域を箱鳴りで補正追加したものの方が良い音である。

四方に広がった面を使えば、有る程度低音が出るのは
分かった。結局、そういうバルサ材が欲しくなった。

目の詰まった材質で、
四方に広い材料がよいことになるのか。

次機は、アクリル板に行こうか、
それとも、バルサ板を横方向に接いで、広い面を作るか、
どちらにしようか。

アクリルは目が詰まっているが、樹脂のいやな音がしまいか、
バルサをついでも、効果があるのか、
そういえば、塩ビなんていうのも売っていたな。
塩ビと言えば、塩ビスピーカーや、レコードも塩ビだったか、
なら、良い音なんだろうか。
ううーん、少し考えて、後は、右脳に任せて、忘れておこう。

あと、曲げる方向。私は長手方向に曲げているのだが、
寺垣氏のスピーカーを見ると、どれも短い方の横方向に曲げている、
これも、音質に違いはあるようだが、
多分、テンションの高い方になる、高域か?
そして、その時の長手方向は、低域に活かされるのかも知れない。

それが明確に出せる試作機には到達していないようです。
感覚的には、分かっているのですが。

PR
■ この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
勇気が必要、スチロール(オーバー)
> ◆3.能率が悪い。
> バルサ材の初号機と比べて、大変に能率が悪い。

これは、思い切って曲げて、紐を結べば、少し改善しました。要は、パキンと割れないか心配しながら、思い切って曲げる勇気が必要、ということでした。

なので、
右チャンは、発泡零号機、
左チャンは、バルサ初号機で聞き比べています。
やっぱ、ゴチャゴチャした音ではあります。
ひろ URL 2007-04-09(Mon)15:06:22 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
・カレンダー・
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


黒猫ちゃんをクリックすると・・・
・最新コメント・
(09/18)
flash(返信済)
(09/14)
待ち受け(返信済)
(09/12)
BLUE SKY(返信済)
(06/26)
(06/14)
・リンクの大冒険・


このAmazonのリンクは何度かリロードすると、この頁に関係する商品となります。(なるはず?)
・プロフィール・
HandleName:ひろ
HomePage:Hiro's HomePage
・ブログ内検索・
忍者ブログ×[PR]