忍者ブログ
[33] [32] [31] [30] [28] [27] [26] [22] [19] [20] [18]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「花田少年史」が、映画化されたんですねー。
映画のCMで最近知った、私は、驚きました。

私の好きな、物語がどんどん映画化されていくので、
なんだか、嬉しい今日このごろです。

リンク、2つ。

『花田少年史〜幽霊と秘密のトンネル〜』公式ブログ:イチログ

花田少年史|幽霊と秘密のトンネル

実写劇場版ですね。ぷろぽりすさんがおっしゃられているとおり、
配役って、難しいでしょうねぇ。

一人一人決めながら、全体のバランスを考えると、
なかなか、パズルのようですね。

「配役と脚本とのバランス」なんて考えると、もう、かなり、ひらめきと、
この人はって、役者が居ないと、難しいですねー、考え込んじゃいます。

そう意味では、
浦沢 直樹氏「モンスター」の実写版の配役を考えるのって、なんか、
楽しい(苦しい?)楽しみのようなものです。

単純に主人公、日本人医師、天馬賢三の役は、誰にしよう。ん~~~
真田広之さんとか、どうかなー、なんて、んんんーーー。

そういえば、ちょっと昔には、ツインピークスを、日本人役者で置き換えたら、誰と誰にしよう、なんて、結構遊んだものです。

ああ、リリー・フランキーさん東京タワーも読んで、涙してしまった。
映画は、まだ見ていないのです。見てみたいものです。

映画館って、クーラーが入っていて、中に入れないんです、見れないんです。
クーラー病で、熱中症になっちゃうんです。 トホホ
PR
■ この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
幽霊が感動を運ぶ「花田少年史~幽霊と秘密のトンネル~」
また感動の邦画に出会いました。 それは完成披露試写会で観た 「花田少年史~幽霊と秘密のトンネル~」です。 作家・一色まこと氏の傑作ファンタジーコミックの 実写映画化作品が完成。 小さな港町で評判のわんぱく少年 花田一路はある日トラックと衝突する 大事故にあってしまう。 九死に一生を得た一路は 幽霊が見える不思議な力を 身につけることになり その日から、彼の前に幽霊が 出現する。 ストーリーの始まりは こんなもんです。 アニメにもなった作品で 「幽霊と秘密のトンネル」という サブタイトルのため お...
URL 2006/07/19(Wed)09:43:40
・カレンダー・
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


黒猫ちゃんをクリックすると・・・
・最新コメント・
(09/18)
flash(返信済)
(09/14)
待ち受け(返信済)
(09/12)
BLUE SKY(返信済)
(06/26)
(06/14)
・リンクの大冒険・


このAmazonのリンクは何度かリロードすると、この頁に関係する商品となります。(なるはず?)
・プロフィール・
HandleName:ひろ
HomePage:Hiro's HomePage
・ブログ内検索・
忍者ブログ×[PR]