忍者ブログ
[155] [154] [152] [153] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

複数の方から、特許を取る為にはどうすればいいの?
というご相談がありました。
極簡単に言えば、
「これまでの世の中に無かった、良いところを持ったもの、アイデア」
なら出願も出来るかと思います。

で、殆どの方は、出願をするための、『調査』 ですね。
世の中どんな商品がアイデアとともに存在するのか、
また、先願として、どのような権利が登録、出願(公開)されているのか。
これらを調べるのに疲れてしまうのでしょうか、
調査に慣れない~、めんどくさいな~という感じで、
続けられずに止めてしまわれるようです。

でも中には、この調べ物で、先人の素晴らしいアイデアに出会い、
ご自分のアイデアにひねりを利かせて、更に進められたり、
更に閃かれたりされた方もいらっしゃいます。

これは、本当に健全なお姿かと思われます。

が!、しかし!?

ここまでは、出願される時の、お話です。
でも、商品として販売される時は、また違うお話となります。

お商売しようとされている、あなた、まだ、お話がありますよ。


販売される時の注意を聞かないで(聞き落として、勘違いされて)、
出願は、ややこしい、と、特許のお話は止めちゃって、
売りましょ、売りましょ、と販売に向かわれる方に、ご注意ですよ。

まじめに言えば、一杯アイデアを詰め込んだものを販売する時は、
先人が考えられた特許を、知らない間に使っちゃっているかも知れません。

人に売るのではなく、個人で楽しむ場合には、
どんどんアイデア、工夫を凝らして行けば良いのですが、
こと販売されるとなれば、
まじめな話、既に権利を他の人が取られているアイデア、工夫を、
勝手に使っちゃうのは、まずいのですよ。

知らず知らずに、使っちゃうってこともありますね。
一生懸命考えて、工夫して、使っちゃうこともあるかも知れません。

これは、先願に抵触の疑いがありまして、訴えられて、調べられて、
やっぱり、先人の権利を侵している、となれば、抵触!、となりますです。

これは、ほんと、まじめなお話です。

ちょっと、現実的というか、まじめでない、不真面目な話としては、
そんなに売上額がなければ、訴えられることもない、のでは ないか、
と言う方もいらっしゃいます。

というのは、訴えた方がお金を取ろうにも、
訴えられた方に、そんなに売り上げがなくて、お金が無いと、
大きなお金は、取れないのですよ。

訴える方としても、お金と時間掛けて、そんなにお金にならないんじゃ、
しょうがないって、訴えない、ということなんですけど・・・。

だから、訴えられることもないのでは、ということなんですが、
まったく、これは不真面目なお話です。
訴えられないと言う保証は、まったくないのです、これは。(唯風に)

本当に、勉強になりますから、調べましょ。

参考リンク : 初めての特許出願  弁理士 村山悦昭

PR
■ この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
・カレンダー・
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


黒猫ちゃんをクリックすると・・・
・最新コメント・
(09/18)
flash(返信済)
(09/14)
待ち受け(返信済)
(09/12)
BLUE SKY(返信済)
(06/26)
(06/14)
・リンクの大冒険・


このAmazonのリンクは何度かリロードすると、この頁に関係する商品となります。(なるはず?)
・プロフィール・
HandleName:ひろ
HomePage:Hiro's HomePage
・ブログ内検索・
忍者ブログ×[PR]